「体脂肪率」というものは、人の身体の中の脂肪が占めている度合いを指しており、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という数式によって算出されます。
気分障害の一種であるうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図など様々な症状が心身に現れます。
筋緊張性頭痛というのは肩凝りや首のこり、張りが原因の肩こり頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「ズシッと重苦しいような鈍い痛み」と言われることが多いようです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常が要因でもたらされる発疹で、皮脂の分泌異常の主因として男性ホルモンと女性ホルモンの不均衡、V.B.複合体の慢性的な不足等が挙げられます。
いんきんたむしという病気は20〜30代の比較的若い男性に患者が多く、大体股間部にのみ拡大し、激しく体を動かしたり、入浴後のように身体が熱くなった時に激しいかゆみを感じます。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によって確認することができますが、特にここ2、3年肝機能が衰えている方々がだんだん増えているということが危険視されています。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、覚醒現象などを司っていて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している方ではその働きが鈍いことが分かっているのだ。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない非医療従事者でも使う事のできる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスが指示してくれる通りに対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の応急処置の効果を可能にします。
体重過多に陥っている肥満というのは無論摂取する食物の栄養バランスや運動不足が素因ですが、内容量の変わらない食事だったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるようです。
「あまりにも忙しい」「手間のかかる色々な人間関係がすごく嫌だ」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進化になかなか追いつけない」など、ストレスを感じてしまう場面は十人十色です。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータによると、大人に比べると体の小さい子どものほうが飛んできた放射能の有害な影響をよく受容することが判明しています。
ストレスが蓄積してしまう構図や、便利で有用なストレスを緩和する方法など、ストレスに関しての正確な知識を学んでいる人は、まだ少ないようです。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もせずに動かなくても燃えてしまう熱量のことで、その大部分を身体中の筋肉・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳が占めているということはあまり知られていません。
体脂肪量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減する時は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減った人の体脂肪率が高まることがわかっています。
急性中耳炎は、一番多い中耳炎で比較的幼い子供に起こりやすい病気です。耐え難い耳痛や38℃以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が流れる耳漏などが出現します。